中古一戸建て購入後のリフォーム


いつかはマイホームを手に入れたい…。そのような願望、一度は持ったことありませんか?最近では新築住宅と比べても見劣りしないぐらいの中古物件が数多く見られ、マイホームとしての中古物件が以前よりも購入しやすくなったのではないでしょうか。こちらでは、比較的手に入れやすい中古物件に関する様々なことに関して取り上げていきます。

まずは、中古物件を購入した後のリフォーム方法や費用についてご紹介します。

 


【中古物件のリフォーム事情】

<様々なリフォームの仕方>
中古で住宅を購入した後に(その家の状態にもよると思いますが)、リフォームを考える人も多いかと思います。壁紙を変えたい、今の床をどうにかしたいなど、理由は様々です。
業者に頼むのが一般的ですが、最近では自分でリフォームをする、いわゆる「DIYリフォーム」がブームになりつつあります。今の住宅や中古住宅をバリアフリーにしたいなど、大掛かりなリフォームは専門業者に依頼する方が手っ取り早く、しかも安心です。しかし、「もっと自分好みの家にしたい!」と考えている人は、理想とする家の完成図を作成してDIYリフォームに挑戦してみることをオススメします。

壁紙のDIYリフォーム

(出典元:ルームファクトリー)



<だいたいどのくらいの費用が掛かるの?>
リフォームを業者に委託する場合、いったいどれぐらいの費用がかかるのでしょうか。中古一戸建てのリフォームの目安価格は、大体100万円から1000万円くらいです。無料で見積もりをしてくれる会社も多いので、コスト面で心配な方は一度見積りを依頼するのが良いでしょう。それでもやっぱり高い、これくらいのリフォームなら自分でできそうだと思ったら、DIYリフォームを検討すると良いです。DIYリフォームだと、壁紙の張替えリフォームの場合は約1万4千円程度に収まるそうで、業者に頼む場合よりも2、3万円程コストダウンできるようです。これはお得ですよね!全てを業者に任せるより、DIYとプロのリフォームをうまく掛け合わせたほうがコストを抑えることができ、物件への愛着も湧いてくるのではないでしょうか。

 


【予算に見合ったリフォーム方法を】

予算に見合ったリフォーム方法を

せっかく購入した中古物件なので、なるべく自分仕様に替えたいところ。リフォームをする際には、業者に依頼するだけでなく自分でできるDIYリフォームもぜひご検討ください!



 

東大阪市の中古マンションに住みたい方はココ奈良県との境である生駒の山並みの豊かな自然に恵まれた東大阪市にお引っ越しをお考えの方は,この機会に中古マンションはいかがでしょうか?中古マンションといっても,まだまだ築年数が浅いぴかぴかの物件もございます。また価格もリーズナブルなので,ぜひ購入をご検討ください。地区名や間取りや画像などお客様の条件を絞って検索できる機能も設けておりますので、ぜひコチラのウェブサイトにアクセスして、一度お試しください。

板橋区の中古マンション情報のことならこのサイト『板橋区』は東京23区の北西側に所在する地域で,23区の中では9番目に広い地域となっています。この地域には貝塚や古代遺跡が数々発見された地域で,また都市農業や製造業など工業が発達しています。さらに都内には最大の高層住宅団地が建ち並んでおり,板橋区は東京のベッドタウンとしても活躍しています。静かで落ち着いた雰囲気の地域ですので,のんびりとした暮らしをお望みの方やお子さんがいるご家族の方にはオススメの地域となっています。そんな板橋区の物件情報が気になる方はぜひコチラのウェブサイトをご覧ください!新築・中古マンションなどの物件情報を数多く掲載していますので,ぜひ一度ご覧になってみて下さい!

3 Responses to 中古一戸建て購入後のリフォーム

  1. リフォームし隊

    うちは新築でマイホームを購入したのですが、築年数が経っている為、リフォームを考えているところです。DIYリフォーム。最近よく耳にしますよね。なるべく費用を抑えたいのですが、日曜大工的なことが苦手なので、業者に頼むことになることになるかと。。。涙

  2. リノベーションし隊

    今、リフォーム・リノベーションを考えているんですけど・・・。費用が足りなくて困っています。中古物件なんで、壁が汚れてて大変です!DIYリフォーム最近流行っていますよね!やっぱり費用を考えるとそっちの方がお得なのでしょうか?不器用だからできるかな・・・。DIYリフォームグッズって100均にもありますよね?

    • WP1655

      もちろんあります!たとえばすのこ!本棚やテーブルをを作ったりできて、まさにDIYですよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>